福岡かるた会

こちらは福岡県、旧・九州かるた協会の競技かるた公式サイトです

第2段階へ・練習再開ガイドライン(福岡かるた会)

 

先週金曜の県内の感染者・5人を最後に、県内の感染者は少なくなっています。

先週土曜から、本日・金曜までの感染者が、6人となりました。

福岡かるた会のガイドライン・第2段階へと進むことになります。

あくまでも、この1週間の数字ですので、感染した時期でいえば、2~3週間前の感染者数になります。

この1か月の感染者数は、東京、北海道に次いで全国3番目に多いのが、福岡ですので、現在の感染状況が見えてくる、7月中旬までは、気を抜くことはできません。

 

とは言いましても、待ちに待った、数字となりましたので、【基本対策】と【第2段階の練習方法】を守って、ゆっくりと練習再開に臨んでください。

 

【基本対策】と【第2段階の練習方法】を下記に再掲載していますので、練習参加者全員で読み合わせを行ってください。なお、【第2段階まで守って欲しい事】も下記に再掲載しています。こちらも守ってください。よろしくお願いいたします。

ホームページ、6/2「いつから練習・・・」  6/11「練習再開に向けて・・・」 も再読ください。

 

最後に・・・  (再掲載)

 

福岡かるた界のどなたかが、新型コロナウイルスに感染することは仕方のない事ですが、福岡のかるた練習場所から集団感染(クラスター)を起こさないよう、ご協力をお願いいたしますとともに、もしもかるた練習場所を介しての感染が起きた場合は、速やかに連絡いただけますようお願いいたします。

 

では、ここからは【基本対策】【第2段階の練習方法】【第2段階まで守って欲しい事】です。

 

◎基本対策【コロナウイルスの福岡での感染者が一定期間出なくなるまでの練習】
1.①体調の記録(本人の体調および同居家族の体調(体温)、本人の朝の体温、練習開始時の体温の記録 等)この時点で不安のある人の参加は認めない。
②それぞれの人の平熱を書く欄を作り、平熱より1度以上高い時(朝または練習前)は、練習参加を認めない。
③同居家族に発熱がある場合、練習参加を認めない。
④参加を認める、認めないは、顧問・指導者等の大人が責任を持って行う。
2.①練習会場では、マスクを必ず着用する。(見学の保護者等も)
②マスクをしている場合、水分補給の時間を練習中に何度も取り、熱中症対策の配慮を行う。
③子どもの肺は小さく、マスクを着けたままの練習では肺機能に負担をかけることになるため、特に注意して観察する。肩で呼吸を始め、呼吸が荒くなったり、咳込み始めたりした時は、すぐにマスクをはずして横にさせて休ませる。
3.組合せは、一人が決めてホワイトボード等に書く。
4.手洗いは【1.練習場所に着いた時、2.組合せ決定後、3.暗記終了後試合開始前、4.試合終了後】
5.試合中の主張は極力行わない。【少しでも悩んだ場合、持ち札の取りとする】
6.試合中の会話はしない。
7.読みはできるだけ、読み上げ機(「ありあけ」やアプリを利用する)、読み手が読む場合、選手との距離を十分にとり、選手のいる方向ではない方向を向いて読む。
8.換気を頻繁に行う。【エアコンがある練習場においても、常に何カ所かの窓を開けておく】
9.試合後の個別の話し合い(感想戦)はしない。
10.試合終了ごと、帰る前に、練習場所の消毒を行う。(畳、ドアノブ、窓、ホワイトボード 等)

 

◎第2段階の練習方法【福岡県内の感染者が毎日連続ではなくなり、1週間の合計が10人未満】
※第2段階となった後でも、感染者が増加した場合は、第1段階に戻す。
※段階を変える判断は、それぞれの責任者にお任せします。
1.練習時間は2~3時間程度、試合は2試合までとする。
2.従来の練習よりも、試合と試合の間隔を十分に取る。

 

【最低でも第2段階までは守って欲しい事】

『自分の本拠地とする「かるた練習場所」以外の練習場所には行かない』
このことについて、しばらくは、皆さんで守っていきましょう。
「自分の練習場所はまだ練習できない」ということで、練習があっている場所に練習しに行くことで、参加人数が多くなり、迷惑になります。自分の練習場所が再開されないと、「かるたがしたくてたまらない」という気持ちが高まるのはよくわかりますが、せっかく練習を再開できた「かるた会」や「学校部活動」に迷惑をかけることになりますので、【自粛】をしましょう。よろしくお願いします。

※ かるた本拠地が複数ある皆さんはお任せします。【参加自粛】をしなくても良いと思います。例【〇〇会と〇〇高校や、〇〇会と〇〇高校卒業生として指導と〇〇大学】以上のように、2つ、3つの本拠地がある方もいらっしゃいますので、よく考えられて、参加をお願いします。

※ 各かるた会の指導者、各学校の顧問の皆様、以上の趣旨を踏まえ、『他所の練習に参加させない』『他所からの練習参加をさせない』取り組みのご協力をお願いします。

Back

ページ トップへ もどる